被害届は被害届ホットライン!。

被害届ホットライン!

被害届のことなら被害届ホットライン!.


被害届

被害届 被害届を出したいけれど、どうしていいか不安な方、一緒に警察に行ってもらいたい方や、近隣トラブルなどで被害を受けている方の対応策のご相談はおまかせください。

被害届とは、詐欺・暴行・傷害・脅迫・ストーカー・セクハラなどの犯罪被害を受けた被害者が、警察へ申告する届出のことです。

被害届を警察へ行って提出することによって、被害の内容に応じて警察の捜査が進められます。

しかし、被害届を警察へ提出した方がよい程、ひどい被害を受けているにも関わらず、警察へ行くことに抵抗がある人が 多いのが実情です。

なぜなら、被害届を提出しようとしても、日常生活で、警察との接点が少ないため、警察の敷居が高く感じてしまうからです。

だから、被害届を出そうとしても、なかなか警察に行きづらく感じてしまうのです。

また、日本の警察は非常に優秀なのですが、非常に忙しいため、被害届を出しに行った被害者に対して、現場の警察官が十分な対応をしたくても、必ずしも十分な対応をしきれない場合もあります。

被害届 ですから、被害届を提出したくても、泣寝入りせざるをえないということも見受けられます。

特に、被害届を提出しに行く被害者は、精神的にとてもダメージを受けていることも多いので、まずます被害届を提出しにくくなってしまうということが見受けられます。


そこで、15年以上の法務経験を持つ女性行政書士と警察OBも対応にあたっている「被害届ホットライン!」が、被害届や「被害に対する対処」についてのご相談やサポートを行っております。

被害届を出す前に、あなたの被害は、法的にはどのような被害になるのか、どのように書面を書けばよいのか、どのように警察へ持って行って、どのように話したら良いのか、などなど、あなたの受けた被害についての「被害届についてのサポート」を行っております。

また、あなたがご希望の場合、あなたとご一緒に警察へ行って、ご一緒に被害届を提出するサポートもいたします。

さらに、被害届だけでなく、加害者から金銭的な賠償を得る際のサポートもさせていただきます。

なお、あなたの被害の状況によっては、被害届ではなく、「告訴状」を提出したほうが良い場合もあります。

「被害届」の場合、あくまでも警察の判断によって、「捜査をすることもしないことも」できます。

一方、「告訴状」は、被害届と違って、被害者が警察などの捜査機関に対して、犯罪の事実の申告して、犯人の処罰を求めるために提出するものです。

そして、被害届と違って、告訴状が警察へ提出された場合、原則的に警察は捜査をしなければならないことになっていますので強力になります。

被害届を提出しようとしているあなたの被害状況を判断したうえで、告訴状を提出した方がよい場合には、「告訴状を作成するサポート」も行います。

さらに、被害届の場合と同じように、告訴状の提出のために、「あなたとご一緒へ警察に行って書面を提出するサポート」も行います。

また、被害を解決するためには、被害届や告訴状を提出するよりも他の対処をした方が良い場合も多いので、被害のご相談や対処策のサポートもさせていただいております。

15年以上の法務経験を持つ女性行政書士と、経験豊かな行政書士に加え、警察OBが相談役をしている「被害届ホットライン!」へ」にお気軽にご相談いただければと思います。

なお、ご相談は、1日に対応できる人数に限りがあります。
そこで、本当にご相談をされたい方へきちんとご回答を差しあげるために、ご相談料として「5,400円」を承っておりますことをご了承ください。(案件によっては、別途費用がかかる場合もありますので、その際には別途ご案内します。)

また、お見積もりを希望の場合には、あなたの状況を踏まえてご案内をする必要がございますので、ご相談をいただいて、お見積もりをご希望ください。

被害届ホットライン!
代表 行政書士

「被害届ホットライン!」
被害届の作成方法
被害届とは
被害届と警察
被害届の不受理問題
被害届の法的根拠
被害届の書き方の例
被害届に関する事件例

被害届ホットライン!は、警視庁OB(刑事経験者)が在籍しております。被害届ホットライン!は、弁護士事務所や司法書士事務所などでの長年の法律経験を持つ女性行政書士が、犯罪被害者のご相談や被害届・告訴状の作成から提出までのサポートをしております。被害届や告訴状の作成方法からを警察への提出まで、ご一緒に対応いたします。

(H28.2.6 更新)

被害届ホットライン!

被害届
被害届
被害届

被害届
被害届

被害届
被害届

<被害届ホットライン!へ
 藤崎奈々子さんが訪問し対談>


被害届
被害届
タレントの藤崎奈々子さんが当事務所へ訪問し、被害届や告訴状などについて対談しました。

<被害届ホットライン!が
  ラジオ番組に生出演>


 被害届 被害届
FM江戸川の『TOKYO RIVERS WIDE』に生出演し、被害届や告訴状などについてお話しました。(現在番組終了)


  行政書士 河野秀勝 プロフィール

 
 (行政書士登録番号:11081610)
 プロフィールの詳細はこちら


  行政書士 河野真弓 プロフィール

 
 (行政書士登録番号:01081359)
 プロフィールの詳細はこちら

被害届ホットライン!【目次】
被害届の作成方法
被害届とは?
被害届と警察
被害届の不受理問題
被害届の法的根拠
被害届の書き方の例
被害届に関する事件例

  告訴・被害届のご相談窓口
  

 被害者ホットライン!の「個人情報の
   お取扱い」
 プロフィールの詳細
 サイトマップ




被害届ホットライン告訴ホットライン借用書ホットライン